皮膚科模型製作診療班

アクセスカウンタ

zoom RSS Color Modulation 考証 〜Adam Wilder style〜 第3回目

<<   作成日時 : 2010/12/07 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日はハイライトを入れていきます。
Adamのやり方を倣い、戦車を構成する面ごとにカチッとハイライトを入れていきます。
まずは側面から。写真のようにマスキングを面ごとに行い、そのほかの面には色がのらないようにします。
画像


この作業を上面、前面傾斜装甲などにほどこしたのがこれ。
画像


光源は上面前方を仮定しているので、砲塔側面のハイライトは前方上から後方下にかけてグラデーションがかかっています。
画像


さらにここから細部の塗装を行いました。
画像

今回細部の塗り分けには近くの画材屋さんで見つけたアクリルガッシュを使用してみました。
伸びもよく、隠ぺい力もいいですが、タミヤアクリルとはさほど変わらないかも?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 店舗
Color Modulation 考証 〜Adam Wilder style〜 第3回目 皮膚科模型製作診療班/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 店舗
2013/07/06 14:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Color Modulation 考証 〜Adam Wilder style〜 第3回目  皮膚科模型製作診療班/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる