皮膚科模型製作診療班

アクセスカウンタ

zoom RSS インテリアの封印

<<   作成日時 : 2011/09/04 10:22   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

車体内部の製作、塗装が完了。
前回ダブルバリアー法で仕上げた主砲はターレットの中に収納され、しかも全て接着してしまいました
ゆえにインテリアは殆ど見えなくなってしまいました。
画像

だって、実際にはありえない箇所に隙間が出来るのが嫌だったんです。

このKing Tigerが仕上がって数十年後、私の子供・孫が誤って壊してしまった、もしくは嫁がゴミとみなして捨てようとした際に内部インテリアが露出。
「あぁ、父さんは(おじいちゃんは、夫は)こんな非生産的な作業を数ヶ月もしていたんだ・・・。」
とみんなが苦笑いする光景を妄想中。

遺書には「この戦車を捨てる前に、とりあえず壊してみれ!」と一筆書き加えるのを忘れないようにしなければ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インテリアの封印 皮膚科模型製作診療班/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる