皮膚科模型製作診療班

アクセスカウンタ

zoom RSS 第14回 九州AFVの会 レポートその1

<<   作成日時 : 2011/10/24 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず始めに、毎年この九州AFVの会を開催されているゲルニカの皆さん、ホビーボックスを始め、各協賛企業の方々にお疲れ様でしたと申し上げます。

さて、今年もアツい1日でした。
まずは全体写真から。
(とここで、今年もまた、デジカメを忘れ、携帯でしか画像を残せないという大失態を侵してしまいました。
よほど自分とデジカメは相性が悪いのか。)
画像

画像

画像


今年の目的である「眼を引くこと」の第一段階として眼を引く展示場所の確保がありましたので9時50分に会場入り。
展示スペースの隅っこで且つ入り口からすぐに眼が届く場所に今回の目玉である1/16キングタイガーを展示することが出来た!
・・・と全く自分のことしか考えておりませんでした(反省)
しばらくすると呼び出しがかかり、「中央の展示スペースに移動させてください。」と注意を受けました。
あとから来る方々の展示スペースがなくなりますもんね、当然です。
「しまった!」という思いと恥ずかしさやら入り混じり、こっそりと展示場所を移動させました。
(逆に大いに目立ったという意味では目的が達成できたのかも・・・)
画像

結果的にひな壇のような場所に展示させていただくことになりました。
なんだか目立つ!という目標を達成できたわりには、こっぱずかしさも相まって複雑です。
このキングタイガーは内部も作りこんだけど、全て接着してしまったのでほんとわずかな隙間からしか内部を観察できないので題名を「CHIRA-RHYTHM(ちらリズム)」としました。
キューポラやハッチの狭い隙間から内部を覗き込むようにしてみていただく方々を見て大いに満足させていただきました

当初1/16キングタイガーを展示していた場所にはバリアー法習作のヤクトタイガーを展示。
画像


さらに、今年のテーマである「ボックスアート」部門にタイガー中期生産型を展示。
画像

今年はなんだかテーマ作品が少ないような印象です。

さて、自分の作品展示が終わりぼちぼち皆さんの作品を見て回ろうかと思っていたら、錆の巨匠こと宮崎さんがいらっしゃいました。
ちょうどにわか雨が降っていたためか若干びしょぬれ(確か去年も濡れていらっしゃったような気が・・。)
!そうか!「水も滴るいい男」を体を張って表現されているのか!
いきなり勉強させていただきました。
まさにリアル嗜好。

多大なる影響をうけた、宮崎作品。
毎年楽しみで、彼の作品を堪能することも大きな目的の一つ。
ここから怒涛の宮崎ワールドに打ちのめされていくんです。

(次回に続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第14回 九州AFVの会 レポートその1 皮膚科模型製作診療班/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる